Loading...

#このラジオがヤバい | NHK・民放連共同ラジオキャンペーン

あの人が語る #このラジオがヤバい

欅坂46

長濱 ねる

「ラジオは一番、素の自分が出せる」と語る長濱ねるは、リスナーにつっこみをしてみたい

長崎の実家に住んでいた頃から、ラジオが身近にある生活をしていたという欅坂46の長濱ねる(ながはまねる)。今でも忙しい朝のメイク中に、眠れない夜に、自然とラジオに手が伸びるのだそう。
ニッポン放送『欅坂46 こちら有楽町星空放送局』(毎週金曜日 深夜0時20分~40分)のメインパーソナリティを任される彼女は、アイドルの仕事の中で今「ラジオが一番自然でいられる」と言いきる。その理由を訊く中で、ラジオパーソナリティとして着実に成長を続ける彼女の姿勢と、そこで身につけた細やかな対話のテクニックと、アイドルとしての天性の魅力が垣間見えた。

日常の中にラジオがあるというのが落ち着くんです

元々ご実家にいた頃からラジオを聴く習慣があったと伺いました。

はい。FM長崎っていう地元のFM局をよく聴いていました。私のうちの家族ルールみたいなやつで、朝ごはんのときは必ず家族揃って、テレビはつけずラジオを聴きながら食べるっていう習慣があって。

そうそう、『八代英輝のクロノス』という番組をよく聴いていたんですけど、東京に出てきてから朝のテレビのニュース番組で初めてパーソナリティの八代さんのお顔を拝見して! 毎日のように声を聴いていたけどお顔を見たことはなかったので、想像と違ってびっくりしました。(笑)

そういった体験もラジオならではなものですよね。最初に自分の意志で聴くようになったのはどんな番組でしたか?

兄と姉がいて、3人一緒に子供部屋で寝起きしていたんですけど、中学生くらいの頃から子供部屋でお兄ちゃんが『SCHOOL OF LOCK!』を聴きはじめて、自然と耳に入ってきて。それで一緒に聴くようになりました。あとは、ラジオCMが好きで。ストーリー仕立てというか、いきなりドラマが始まった感じになるのとかがなんだかおもしろくて。テレビよりもラジオのほうが長い時間触れていたと思います。

最近はどういう風にラジオを聴いていますか?

朝、お仕事の前に、そのときリアルタイムで放送している朝の番組を聴きながらメイクしたりするのが好きです。ほかに好きなアーティストさんが音源解禁する番組はタイムフリーで戻って聴いたりとか。やっぱり、日常の中にラジオがあるというのが落ち着くんです。

親御さんも、長濱さんの番組を聴いてらっしゃるんですよね。

そうです。私のためにラジコのプレミアム会員になってくれて。そうだ、この間の12月にひとりでオールナイトニッポンの特番をやらせていただいたんです。親も若い頃、オールナイトニッポンを聴いていたみたいで、テーマ曲のビタースウィート・サンバに私の挨拶の声が重なったのを聴いて感動したらしくて、「泣いた」って三文字のLINEが来ました(笑)。

あの曲に乗って自分の娘の声が聴こえたらたまらないですよね。

自分でも嬉しかったです。私の番組は欠かさず聴いて応援してくれているんですよ。

ラジオは楽屋でメンバーと話しているのとぜんぜん変わらない

メンバーのやっている番組は聴かれますか?

聴いてますよ!てっちゃん、平手友梨奈ちゃんは1人でやっているんですけど、小池美波ちゃんだったら吉田照美さん、菅井友香ちゃんだったらオテンキののりさんっていうパートナーがいて、メンバー同士でいるときと、ちょっと違う顔になるんです。例えばみーちゃん、小池美波ちゃんだったらちょっと娘っぽい感じがあったりして。そういうところが、聴いていてきゅんとします。

あと、乃木坂46の新内眞衣さんがオールナイトニッポン0(ZERO)をやられてるんですけど、ある大事な撮影の前の日、眠れなくてラジオをつけたら新内さんの番組がやっていて。もう寝なくていいやって思っちゃうくらいおもしろくて、勇気を出してお便りを送ったんですよ。「明日大事なお仕事があって緊張して眠れないんですけど、ラジオを聴いて楽しませていただいてます」って。でも読んでもらえなくて、はあ、やっぱりラジオって難しいなあって。

ご自身でも送られたんですね!(笑)

ハガキ職人の方ってすごいな〜、こんな平凡なハガキじゃ読まれないか〜って思いました。

メンバーの名前を挙げられるときに、一度ニックネームを言ってからフルネームを付け加えているのが気になったんですが、それは意識してやっていることなんですか?

あ、そうなんです。欅坂46を知らないかたも番組を聴くことがあると思うので、あだ名だけじゃ伝わらないから、本名を添えて言うようにしています。あまり身内向けになりすぎないように、初めて聴くかたもわかるように。あと、前話したエピソードとかも、もう1回軽く説明したうえで続きの話をするとかっていうのは、スタッフさんに教えてもらって考えるようになりました。

アイドルとして働くうえで、ライブやテレビ出演、握手会など、さまざまなお仕事があると思いますが、ラジオって、長濱さんにとってどういう存在ですか?

一番素の自分が出せる仕事です。ライブは応援してくださっている方が目の前にいるのですごく緊張するんです。ラジオは顔は見えないけど誰かが聴いてくれてるっていう距離感に安心するんですよね。ラジオは楽屋でメンバーと話しているのとぜんぜん変わらないです。

聴いてくださる方と距離が近づいたら、つっこみをしてみたい

そのほか、気をつけていることはありますか?

ラジオって1対1感があるというか、パーソナリティが自分に話しかけてくるみたいな距離感が素敵だと思うんです。大勢が「わはは!」って笑うんじゃなくて、聴いてる人だけがクスッとしてる感じというか。なんかそういう、賑やかすぎないところが好きなので、大事にしています。エピソードを話すときは、紹介するっていうよりはこう、近くにいる友達に話す感じで。

でも、たまにあえてスタッフさんに話しかけたりすると、より誰かに向けて話してる感が出るので、自分の中だけで完結しちゃう感じにしたくないときはそうすることもあります。

実は細やかなテクニックを使っているんですね。

はい(笑)。 あ、あともう1個あるんですけど。 オールナイトニッポンの締めの挨拶で、リスナーさんに向けて「おやすみなさい」って言っちゃったことがあって。でも、ラジオってタクシーやトラックの運転手さんや、これからお仕事に行かれるかたが聴いてくださってるんだよってスタッフさんから教えていただいて、なるほど! って思って。なので、それ以降は別の挨拶にしています。

スタッフさんとやりとりしながら成長していってるんですね。

そうですね、わからないことだらけなので、いろんなことを教えていただいてます。

お気に入りはオードリーとCreepy Nuts

最近お気に入りの番組はありますか?

オールナイトニッポンはやっぱりよく聴くんですけど、中でもオードリーさんや、オールナイトニッポン0(ZERO)のCreepy Nutsさんは大好きです。

春日さんとか、聴いていて心配になるくらい変わった方ですし(笑)、あとやっぱり会話のゆるさがとってもおもしろくて。企画も何もなく、ただただワーっと話し続ける時間があったりとか。お2組ともコンビですけど、パートナーがいると掛け合いが楽しくていいなあって思います。

移動時間とか、聴きながら1人でにやけてたりして、メンバーから「なんでにやけてんの」ってつっこまれちゃったりすることもあります(笑)。

そういった先輩方から学んだことで実践してみたいことはありますか?

オールナイトニッポンって、リスナーの皆さんのお便りにつっこんだりしますよね。リスナーのかたもつっこまれるのをわかったうえで、つっこまれ待ちのお便りを送ってくるみたいな。ああいう関係性って素敵だな〜と思うので、私ももっと聴いてくださる方と距離が近づいたら、つっこみをしてみたいなと思います(笑)。

まだラジオを聴いたことがないという人には、どんなところをおすすめしますか?

私もそうなんですけど、眠れないときに聴くのがいいと思うんです。スマホ見ちゃうと目がギラギラしちゃうけど、ラジオは耳だけに入ってくるので。そうやって聴いているうちに、自分と合うものが見つかるんじゃないかなって。

あとは、相談を送ると意外とお返事がいただけたりするし、それも匿名でできるっていうのがラジオのいいところかなと思います。気軽に、あんまりかしこまらずに、まずはアプリをダウンロードしてみてほしいですね。無料ですし(笑)。

編集:長嶋太陽
執筆:渡辺紺
撮影:高比良美樹